ハクビシン駆除 ・ ハチ駆除 ・ ネズミ駆除 ・ ゴキブリ駆除 本文へジャンプ
ハクビシン・アライグマとは

ハクビシンってなに?
ハクビシンはネコ目ジャコウネコ科に分類され、多くは東南アジアに広く分布しています。日本では昭和20年代に四国、静岡、山梨、福島にまばらに分布していたものが、徐々に分布域を拡大して現在では、43都道府県に生息していることが分かっています。 ハクビシン捕獲写真


ハクビシンの形態・生態
・体の大きさ(成獣)
  体長 約90~110㎝
  体重 約3~4㎏

・体の特徴
  体の大部分が灰褐色で、短い四肢 は黒色。
  額から鼻先まで白い模様があり、  台湾名では白鼻芯。
  尾の先が白っぽい個体や、鼻が黒 っぽい個体も見られる。

・行動
  完全な夜行性で、木登りが得意。 平地から山地に生息するが、特に    里山的な環境を好み、昼間は樹洞 や人家の屋根裏をねぐらとしている。
  行動範囲は30~70ha程でオスの 方が広い範囲で行動する。

・繁殖
  1年に一回子供を産む。
 一度に産む子供の数は約2~3頭。  子供を産む時期は夏から秋にかけ て多く産む傾向。
  妊娠期間は約2ヵ月間。

・食べ物
  雑食性で、果物やトウモロコシ・野菜 ・昆虫・卵・小動物など。
  好物は果物。

・運動能力
 ハクビシンは樹上生活者とも呼ばれ、バランス感覚は非常に優れており木登りが得意である。足でものをつかむことができるため、電線の上を尾でバランスをとりながら渡り、移動することができる。また、飼育個体を観察してみると、高さにして約110cm までジャンプすることができる。しかし、木から木への横へのジャンプは、あまり得意で
はない。例えば1本のリンゴの木に登りリンゴを食べ、別の木に移動するときは一度地面に降り他の木に登ってリンゴを食べる。
ハクビシンはネコの仲間なので、頭が入れば狭い隙間を自由自在に通り抜けることができるが、自ら穴を掘ることはしない。
ハクビシンもっと詳しく

ハクビシンが野原に


天井裏でハクビシン


天井裏でハクビシンと遭遇


ハクビシンによる被害


アライグマってなに?
・ アライグマは北米や中南米が原産地
で、ペットなどとして日本に輸入されまし
た。
 ペットとして飼われていたものが逃げ出
したり、飼いきれなくなって捨てられたりし
たものが野生化しました。
 その後、神奈川県内では、野生化したア
ライグマによるスイカ、トウモロコシなどの
農作物への食害や、人家侵入などの生活
被害が平成10年ごろから発生しています。
 アライグマは雑食性で繁殖力も高いため、被害は年々拡大を続けいます。
アライグマ


アライグマの形態・生態

・体の大きさ(成獣)
  頭胴長40~60cm,尾長20~40cm
  体重4~10kg稀に20kg
  雄は雌よりやや大型

・体の特徴
  毛色は灰色から明るい茶褐色で尾に黒い輪があり目を覆うように黒い帯がある。蹠行性で臼歯が上下とも2対ある.蹠行性(爪先からかかとまで地面につける)ため,足跡が他の哺乳類と異なる。

・行動
  夜行性。木登り・泳ぎが得意。一夫多妻.休眠により越冬。都市部から森林・湿地帯までの水辺に生息。巣は木のうろや岩穴,人家や畜舎。
  行動圏:806~1,139ha(海外のデータ)
・繁殖
 年1回1~2月に交尾し,63日間の妊娠期間。産仔数:3~6
繁殖期:年1回1~2月に交尾し,63日間の妊娠期間

・食べ物
  食性:雑食性で小哺乳類・魚類・鳥類・両生類・爬虫類・昆虫類・野菜・果実・穀類等,夏は動物質を秋は植物質を多く摂取する。

・運動能力
  垂直方向のジャンプ力は110cm。
障害物を飛び越えることはしない。必ず障害物の上部で一時停止。
水平方向のジャンプは120cm離れた窓枠から餌場の棚に飛び移ることが確認
されたが再現性はなく閉鎖的な施設内の空腹時における極希な行動と考えられる。
バランス感覚は優れていて水平に張った針金の上を尾でバランスをとりながら渡
り、垂直の針金も簡単に登ることができる。
地面と防止柵等の隙間から侵入するのは得意であるが、自ら穴を掘って侵入する
ことはしない。                    


  戻る   トップページ  次へ