本文へジャンプハクビシン駆除 ・ ハチ駆除 ・ ネズミ駆除 ・ ゴキブリ駆除 
ハクビシン施工例

文化庁 登録有形文化財 ハクビシン駆除特集

遠山記念館の邸宅は、川島町出身である日興證券の創立者遠山元一(明治23年~昭和47年)が幼少時に没落した生家を再興し、苦労した母・美以(慶応2年~昭和23年)の住まいとするために建てたものです。
長屋門、渡り廊下でつながる東棟・中棟・西棟から構成される伝統的日本建築は、室岡惣七氏設計、全国各地の銘木と選りすぐられた技術により、2年7カ月を費やして昭和11年に完成しました。
文化財施工 カヤブキ屋根の侵入口閉鎖作業 文化財施工 カヤブキ屋根の侵入口閉鎖作業
文化財施工 建物 文化財施工 カヤブキ屋根の侵入口閉鎖作業

・ハクビシン駆除特集で今回は文化財のハクビシン駆除施工を実施させて頂きました。施工で一番に気を遣った部分は、文化財なのでハクビシン侵入口の閉鎖作業に指定された資材を使用して、施工前にはご担当者様に何度も確認しながら、施工をさせて頂いた部分です。



基本的な施工までの流れ

1 無料調査・見積にて現状を把握
2 見積書を作成
3 見積もり内容の説明
4 契約
5 ハクビシン捕獲申請(管轄 区市町村)
6  初回作業 
   ・捕獲カゴ設置
   ・対象建物の下周り・屋根部分の侵入口閉鎖作業
   ・出入口に出たら入れない仕掛けを設置
7 生息確認作業(天井裏にハクビシンのエサを設置して喫食を確認)
8 前作業で問題なければ仕掛け・捕獲カゴを回収して仕掛け部分の穴埋めをして、もう一度屋根裏に餌を置いて喫食を確認
10 最終点検で問題なければ、2年間の保証期間に入ります!!


 ハクビシン施工用 点検口作成 ハクビシン施工用 点検口作成 ハクビシン施工用 点検口完成
壁の部分にハクビシン捕獲カゴ設置と、フンの清掃用に点検口を作成しました。

  

施工例 (屋根の隙間がハクビシンの侵入口)
・ハクビシンが、侵入口としている
根部分になります。屋根の隙間部分が高さ約7cm位になります

クビシンからすれば十分な侵入可能な隙間になります。






・ハクビシンの侵入口部分を、屋根の素材と同じ物で侵入口を閉鎖していきます。この施工であれば永続的に、ハクビシンの侵入を防止する事が出来ます。
ハクビシン侵入口
↑施工前     ↓施工後
ハクビシン侵入口 閉鎖


施工例 (屋根の隙間がハクビシンの侵入口)
・ハクビシンが侵入口としている瓦の隙間部分になります。以前、ハクビシン対策で、建築屋さんが金網を設置したそうですが、効果もなく侵入をしています。

*(ハクビシン侵入防止対策で、金網やアルミパンチングはおススメしません。再発の恐れがあります)

・ハクビシンの侵入口部分を金物を使用して、屋根の形状に合わせて加工して取り付けして、ハクビシンの侵入を防止していきます。
ハクビシン侵入口
↑施工前     ↓施工後
ハクビシン侵入口 閉鎖


施工例 
・ハクビシンが、侵入口としている隙間部分になります。家を増築した際に出来たとの事です。ハクビシンが頻繁に出入りしているので、配管部分にハクビシンの足跡が多くの残っています。床下に入り壁と壁の隙間等から天井に侵入します。



・ハクビシンの侵入口部分を金物を使用して、屋根の形状に合わせて加工して取り付けして、ハクビシンの侵入を防止していきます。
ハクビシン侵入口
↑施工前     ↓施工後
ハクビシン侵入口 閉鎖

施工例 
・ハクビシンが、侵入口としている開口部分になります。建物の作りが床高になっていて、木材や柱等が収納可能な作りです。今の基礎住宅と違い、床全体が侵入可能部分になっていて、ハクビシンが全体的に出入りしています。ハクビシンの足跡が、多くの残っているのは建物裏の人目に付くきにくい部分になっています。

・ハクビシンの侵入口部分を、屋根や壁などの素材と同じ物で侵入口を閉鎖していきます。この施工であれば永続的にハクビシンの侵入を防止する事が出来ます。






・ここの部分は通気の問題もあり、ステンレスパンチングを使用して通気口を設置しました。建物全体で計8か所の通気口を作りました。
ハクビシン侵入口 
↑施工前     ↓施工後
ハクビシン侵入口 閉鎖

ハクビシン侵入口 閉鎖 通気口設置


   戻る   トップページ  次へ